女性が健康でキレイな生き方をする為の開運・スキルブログ「キレイ専科」

女性が健康でよりキレイな生き方をするためのヒントやスキル、ノウハウ等の情報や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク


女優の深田恭子さんが、月刊美容誌「VOCE(ヴォーチェ)」(講談社)の2017年「最も美しい顔」に選出される

女優の深田恭子さんが、月刊美容誌「VOCE(ヴォーチェ)」(講談社)の2017年「最も美しい顔」に選出され、12月13日、東京都内で行われた授賞式に出席した。深田さんは花柄があしらわれたレースのロングドレス姿で登場し、受賞について「賞をいただけるなんて本当にうれしく思います。父と母に報告したいと思います」と笑顔で喜びを語った。

 


深田恭子、今年の「最も美しい顔」に

 深田さんはこの日の衣装を「授賞式ということでロングドレスにしました。すてきな賞をいただけるということで」と説明。メークについては「ドラマの撮影とかに入っていると、ここまで色を使ってメークしたりとかしないので、今日は久々に口紅も発色のものをつけていただいたので、それだけで気分が上がりました」と語った。

 「最も美しい顔」は、「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2017」の特別賞で、今年で2回目。深田さんは、同誌の表紙に登場するたび読者からの反響が大きかったことや、見た目の美しさだけではなく、1年を通じた活躍を含め“美しく輝いていた”ことから同誌編集部満場一致で選出された。

スポンサーリンク  


深田恭子
深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョンフカキョン)、きょーこりん恭子りん。
東京都北区出身。ホリプロ所属。

身長163 cm
血液型O型

1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」で2万人近い応募者の中からグランプリを受賞し、芸能界入り。1997年、ドラマ『FiVE』(日本テレビ)にレギュラー出演し、女優デビュー。

1998年、スカウトキャラバンの出身者を中心に結成されたアイドルユニット「HiP」に参加(翌年夏の「HiP」卒業までラジオ番組やイベントなどに出演)。同年夏に放送された、金城武主演ドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ)で一躍脚光を浴びた。10月から2002年3月までニッポン放送のラジオ番組『深田恭子 IN MY ROOM』のパーソナリティーを務める。

1999年、『鬼の棲家』(フジテレビ)でドラマ初主演。同年5月に「最後の果実」をリリースし、歌手デビュー。その後発売されたピアノアルバム『Dear…』でピアノの演奏を行う。

2000年、赤川次郎原作の『死者の学園祭』で映画初主演。主題歌「How?」を歌う。

2001年、同級生の加藤あい、上良早紀らとともに堀越高等学校を卒業[5]。同年、世界水泳選手権福岡大会のイメージCGキャラクター・速水亜矢の声を務め、同大会開会式後に水の妖精をイメージしたドレス姿でダンスパフォーマンスを行う。

2002年、放送史上初の日韓合同制作・同時放送となったスペシャルドラマ『フレンズ』(TBS)に出演し、韓国の俳優・ウォンビンと共演。更に北野武監督作品『Dolls』でアイドル・山口春菜役を演じる。劇中、自身の曲「キミノヒトミニコイシテル」を披露するも、同年より歌手活動は事実上休業(但し、市販ではないが麒麟麦酒の「キリンチューハイ・氷結」のCMソングを担当している)。以降、女優、タレント活動に専念。
2003年、デザイナー・桂由美の春夏パリコレクションに着物風のドレスを着て舞台に立ち、モデルを経験。
2004年、映画『下妻物語』においてロリータ少女・桃子役を演じ、秋吉久美子小泉今日子と並び、第59回毎日映画コンクール主演女優賞を最年少受賞となったほか複数の賞を受賞。
2005年、主演した筒井康隆原作のドラマ『富豪刑事』(朝日放送)神戸美和子役が当たり役となる。また、10月より『新堂本兄弟』(フジテレビ)で初のバラエティ番組レギュラー出演。
2006年、『富豪刑事デラックス』が初のシリーズ作品となる。
2008年1月、『未来講師めぐる』(テレビ朝日)主演により、12年連続のドラマ出演となる。2009年3月公開の映画『YATTERMAN 〜ヤッターマン〜』で悪役のドロンジョ役で出演が決定(役に合わせ2001年以来の金髪にしている。)。同年11月24日放送分のアニメ『ヤッターマンアニメ版SP』(読売テレビ)で本人役として出演。劇中、アニメ版のドロンボー一味が自身の持つ指輪を狙うという内容で実写版のドロンジョの格好でアニメ版ドロンボーと対決を行った。
2009年、大河ドラマ天地人』(NHK)に淀役で出演。初めての大河ドラマ出演となる。
2010年4月、映画『アリス・イン・ワンダーランド』の日本語吹替版で、アン・ハサウェイが演じる白の女王の声を担当[7]。初めて吹き替えの声優を経験した。
2012年、大河ドラマ平清盛』(NHK)にヒロイン・平時子役で出演。大河ドラマでのヒロイン役は自身初となる。
2015年8月、『100万回生きたねこ』で舞台に初挑戦

人物
2歳から始めた水泳が「前世はイルカ(だったかも)」と言う程に大好き。その水泳好き・プール好きな所から公式ファンクラブの名称は自身で「pool」と命名。ドラマ『華麗なるスパイ』、『神様、もう少しだけ』のタイトルバックや「ロッテ・ミントブルー」「キリン氷結ZERO」のCMでも実際に本人が泳いでいる映像が使用されている。
4歳からピアノを始め、作曲も行う。1999年リリースのピアノアルバム『Dear…』に収録されているタイトル曲と「Into The Light」は自作曲。初バラエティ番組レギュラーとなった『新堂本兄弟』でも、堂本ブラザーズバンドの一員としてピアノを担当している。
「前々世はマリー・アントワネット」と自負するほどフランス王妃マリー・アントワネットに憧れていて、2002年にはフジテレビ系特番『深田恭子が行く! 王子様探しの旅・私をベルサイユに連れてって』でフランス行きも果たす。

スポンサーリンク  

主な作品
TVドラマ
神様、もう少しだけ』/『ファイティングガール』
南くんの恋人』/『富豪刑事』/『天地人
平清盛

映画
『死者の学園祭』/『下妻物語
ヤッターマン
こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜』
『ルームメイト』/『超高速!参勤交代

受賞歴
1998年 第36回 ゴールデン・アロー賞 最優秀新人賞・放送新人賞
1998年 エランドール賞 新人賞
1998年 ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー
1998年 第18回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞 (「神様、もう少しだけ」)
1999年 第22回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞 (「to Heart 〜恋して死にたい〜」)
2000年 第13回 日刊スポーツ映画大賞 新人賞(『死者の学園祭』)
2001年 第24回 日本アカデミー賞 新人俳優賞(『死者の学園祭』)
2001年 第12回 日本ジュエリーベストドレッサー賞 10代部門
2001年 第2回 ベストスイマー賞
2001年 第30回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(「ファイティングガール」)
2002年 第35回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(「リモート」)
2003年 二十歳のベスト・パール・ドレッサー2003
2004年 第59回 毎日映画コンクール 女優主演賞(『下妻物語』)
2004年 第26回 ヨコハマ映画祭 主演女優賞(『下妻物語』)
2004年 第14回 東京スポーツ映画大賞 主演女優賞(『下妻物語』)
2005年 第28回 日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『下妻物語』)
2005年 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2005 マックスファクタービューティースピリット賞
2005年 第18回 DVD & ビデオでーた大賞 ベストタレント賞
2006年 ネイルクイーン2006(女優部門)
2009年 第2回 ゴールド・メイクアップ賞モードファッション部門
2009年 ネイルクイーン2009(女優部門)
2009年 第19回 東京スポーツ映画大賞 助演女優賞(『ヤッターマン』)
2009年 第52回 ブルーリボン賞 助演女優賞(『ヤッターマン』)
2010年 ネイルクイーン2010(女優部門)※殿堂入り
2015年 第26回 日本ジュエリーベストドレッサー賞(30代)

スポンサーリンク