女性が健康でキレイな生き方をする為の開運・スキルブログ「キレイ専科」

女性が健康でよりキレイな生き方をするためのヒントやスキル、ノウハウ等の情報や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク


11月26日は「いい風呂の日」 、クレオパトラが入った「ヤギ乳」のお風呂で女磨きしよう

11月26日は「いい風呂の日」  
「い(1)い(1)ふ(2)ろ(6)」の日。
11月下旬になると、お風呂でゆっくり温まって疲れを取りたいという人が増える事と、読む語呂合わせから「日本浴用剤工業会」が制定。

  

入浴剤の効用と普及拡大をアピールするのが目的です。
11月26日と毎月26日はお風呂にちなんだキャンペーンやイベントが各地の温泉街・銭湯等で行われますので今日は風呂に入りに行きましょう。酒風呂やゆずぶろなどを企画しているところもあります。

 

※関連記念日
4月26日は「よい風呂の日」
テルマエ・ロマエ よい風呂の日
2012年に公開され大ヒットを記録した映画「テルマエ・ロマエ」。その続編「テルマエ・ロマエⅡ」を手がけた「テルマエ・ロマエⅡ」製作委員会が制定。「テルマエ・ロマエⅡ」は古代ローマの浴場設計技師が現代日本にタイムスリップするSF(すごい風呂)映画で、「風呂」映画史上最高傑作とも称されている。日付は「テルマエ・ロマエⅡ」の公開日である2014年4月26日の4と26で「よ(4)い風呂(26)」の語呂合わせから。

 

入浴は体にとてもよいことです。

体を温めると体温も上がり、病気になりにくい体になります。

内臓温度を上げることにより、基礎代謝も上がり、冷えが和らいで「痩せ体質」になります。

冷えは血流の悪化からともいわれています。

更に血行が良くなり、顔色が明るくなるので美人になるにはは欠かせませんね。

 

 入浴は38-40度のお湯で15分間の半身浴でしましょう。

汗をかいて血行が良くなり、余分な水分、毒素が排出されます。

しっかりと温まることで副交感神経が優位になり、リラックスでき、ぐっすり眠れるようになります。

 効果をアップするには湯船にふたをして顔だけ出すというのもありですね。

さらに湯船に天然塩をひとつかみ入れるとさらに発汗作用が促され、保湿効果が続きます。

 


いい風呂といえば

世界の三大美女の一人である古代エジプト女王・クレオパトラが入っていたとされるのは「ヤギ乳」のお風呂と言われています。

 

 現代の自宅につくれる入浴剤が登場! 紀陽除虫菊株式会社『ゴートミルク スキンケアバス』は、ちょっと優雅なバスタイムを過ごしたい方にぴったりの入浴剤。

ヤギ乳は保湿効果が高いことから、近年コスメ業界でよく利用されている素材です。「ゴートミルク スキンケアバス」は、保湿成分としてゴートミルク(ヤギ乳)、プラセンタエキス、ミルクプロテインカゼインNa)を配合。ハニーミルクの甘い香りが漂う乳白色の湯船につかりながら、肌を保湿にも取り組めます。

 

世界三大美女とは
世界的には「クレオパトラ楊貴妃ヘレネ」が一般的です。

クレオパトラ楊貴妃小野小町」は日本だけです。

因みに
男の人なら、クレオパトラ楊貴妃と「俺の彼女」(「うちのかみさん・家内・女房」入れておかないと怖いから)
 女の人なら、クレオパトラ楊貴妃ともちろん「ア・タ・シ」 とかいうのも当然アリですよね。

 

☆彡オマケの話題

 

【草津温泉】 草津名湯の湯・濃縮温泉 (天然温泉濃縮液)500ml
 

 


「いい湯だな♪~」作詞永六輔、作曲いずみたくを歌っていた「デュークエイセス」が2017年いっぱいで解散! 

 

「いい湯だな♪~」の元祖・本家本元はドリフたーずではなくデュークエイセスだったんです。

 

ベテラン男性コーラスのデューク・エイセスが、今年いっぱいで「62年の活動」に終止符を打つことがわかった。リーダーでバリトン担当の谷道夫さん(82)は、「声がバリバリ出ているうちに解散します」と語っていた。

 

 1955年結成の4人組。米軍キャンプ回りで黒人霊歌やジャズをレパートリーにし、63年に「おさななじみ」をヒットさせた。65年からは作詞・永六輔さん、作曲・いずみたくさんコンビによる「にほんのうた」シリーズを発表し、「いい湯だな」「女ひとり」「フェニックス・ハネムーン」など数多くのヒット曲を放ち、ダークダックス、ボニージャックスと並んで男性コーラスの人気を支えてきた。

 

 亡くなったメンバーもいたが、メンバーチェンジしながら活動してきた。

 

創設メンバーの谷さんは「まだ声は衰えていないし、キーも下がっていないけれど、この先、お客さんから『デュークも落ちたねえ』と言われるのは避けたい。

生き残りや引き延ばしはしたくない。潔く解散します」と言う。 解散イベントは未定。


デューク・エイセス いい湯だな 2012


デューク・エイセス(英語:Duke Aces)は、1955年(昭和30年)に結成された男性4人からなる日本の重唱団(ボーカルグループ)。

 

 デューク・エイセス黒人霊歌で注目され、NHKの番組「夢であいましょう」に出演。一つの県で1曲ずつ作って歌う「にほんのうた」シリーズに取り組み、「女ひとり」や「いい湯だな」「フェニックス・ハネムーン」などがヒットした。

 

黒人霊歌や「にほんのうた」シリーズなどをレパートリーとしているほか、ジャズコーラスグループとしても活動。また、同じメンバー構成のコーラスグループである、ボニージャックスやダークダックスとは共同でショーの開催もしていたが、2017年末をもって解散することになった。
NHK紅白歌合戦に10回出場している。

 


代表曲
「にほんのうた」シリーズ
作詞を永六輔、作曲をいずみたくによる、1966年から1970年にかけて東芝音楽工業から発表された曲である。日本各地を 二人が旅をして、その土地の風情を織り込んだオリジナルのご当地ソングで、第8回日本レコード大賞の企画賞および第10回特別賞を受賞している。以下の曲はいずれもこのシリーズの収録曲である。デューク・エイセスもスケジュールの合間を縫って旅に同行した。


いい湯だな(群馬):ザ・ドリフターズの歌唱で有名だが、草津温泉ほかの群馬県内の温泉を歌ったこちらがオリジナルである。


女ひとり(京都):「京都 大原 三千院」の歌い出しで有名。歌詞の恋に疲れた女が着ていた着物(結城に塩瀬の素描の帯、大島紬につづれの帯、塩沢がすりに名古屋帯)は永六輔の妻が当時着ていたものをモチーフにしている。


フェニックス・ハネムーン(宮崎):日南海岸等での新婚旅行風景の紹介映像では定番のBGMだった。


筑波山麓合唱団(茨城):「ガマはガマでも四六のガマ」の歌詞に続いてのカエルに扮したメンバーの歌唱で有名である。

スポンサーリンク