女性がハッピーな生き方を目指す開運ブログ「クール&ビューティー専科」

女性が強く、楽しく、美しく、したたかに生きるためのヒントやスキル、処世術、開運等の情報や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク

体を健康にするコツは「24時間・366日体を冷やさず温める」。

体を健康にするコツ

24時間・366日体を冷やさず温める。

体に良い理由としては

  1. 体温が上がると免疫力が上がり、病気にならない体を作る。
  2. 内臓温度を上げると基礎代謝上がり、冷えが和らいで痩せ体質になる。
  3. 血行が良くなる

ということが言えます。

体温は36.5度ぐらいが理想です。

それ以下なら冷え性を疑いましょう。35度以下なら危機感を持って臨みましょう。

体を締め付けないゆったりしたファッションをしましょう。

胸やお尻、足の細さを強調しすぎる服は避けましょう。

おなかを温める毛糸のパンツ、腹巻は毎日身に着けたいアイテムです。

出来るだけ靴下は履くこと。履けない時にはオフィス、室内用に準備しましょう。

心臓がある上半身と足元との体温差は6度前後と言われています。上半身が36度なら足元は30度となります。

想像以上に足は冷えやすいものなのです。


冷えは万病の元(入浴や温熱療法で冷えを解消

「私、冷え性なの」は自慢になりません。冷え性は危険がいっぱい~。

冷えは血流の悪化から起こります。冷えはエネルギー不足や筋肉不足のために、体内で熱が作られなかったり、その熱を運ぶ血流が滞ったりすることで起こります。

また、自律神経や、ホルモンの乱れも原因の一つです。

 

 東洋医学では「冷えは万病のもと」と言われるほどです。

 

体が冷えて新陳代謝や免疫力が低下し、冷えが病気の原因になることも少なくありません。

婦人科系の疾患にも大敵です。

「ヒぇ~~~」知らなかった。(単なるおやじギャグ)

たかが「冷え」と思うかもしれませんが実は恐ろしい状態なのです。

 

冬の寒い時だけではなく、夏場も冷房による冷え性対策をしっかりとしましょう。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク